集客プラン

    御社の行なっている集客Plan、「伝わる」コミュ二ケーション構造に    なっていますか?

ターゲットの嗜好性やコミュニケーション構造の変化で、メディア選定やツール制作にも変化が求めらます。告知内容にあった仕掛けを構築していかないといけません。

ユーザーの嗜好性の広がりを捉え「伝える」から「伝わる」へ

想定される検討軸

このように自動車ディーラーはより多くのコミュニケーションで購入検討店になることが重要なのです。
ただ、ユーザーの嗜好性は広がり、かつてのように「伝えたいメッセージ」が伝わらなくなってきています。

ユーザーは何を求めているか?

これを深く追究していくとともに、今後自動車ディーラーに求められるコミュ二ケーションのスタンスは

「伝える」から「伝わる」。

ユーザーとのコミュニケーションの最適化を行い、メディアやツールに落とし込んでいく必要があります。

伝えたいターゲットに向けた最適なコミュニケーション構造

昨今、来場者のほとんどがWEBサイトを見て来ていると言われます。
また、自動車ディーラーにおいても、メールやブログ・SNSなどからレスポンスを取ろうとする動きも目にするようになりました。

とはいえ、折り込みチラシやDMなどのペーパーメディアの効能が無くなったわけではありません。

要するに、これからの自動車ディーラーにおける集客Planは、「どういった嗜好性」で、「生活動線上のどのメディアが有効か」など「ターゲットごとに異なるシーンの創造を起点としたコミュニケーション構造の構築」を行う必要があります。

御社の現在行なっている集客Planは伝えたいターゲットに対して最適なコミュ二ケーション構造になっていますか?
自動車ディーラーにおいても集客Planを根本から見直すタイミングがきています。