集客プラン

自動車ディーラーの折込チラシの考え方を整理します。

様々なメディアの登場で、折込みチラシは昔からある古いメディアと思われるかもしれませんが、販促効果の高い「テーブルメディア」ではまだまだ、主力のツールです。
しかし、自動車ディーラーのチラシの内容はどうでしょうか?
・商品 ・価格 ・スペック ・店舗名 などが並んでいるだけです。
多額の予算を投入しているのに、あまり考えられてない物が多いですね。

自動車ディーラーのチラシは、

  • 購入検討時期のユーザー
  • なんとなく見ているユーザー

が見ています。

①に関しては、「今、実施している施策」を伝える事が目的となります。
②に関しては、「店舗のブランディング」が目的となります。

両方に対して言える事は、ユーザーが反応したり、興味をもったりするチラシには、一定の考えが必要なのです。
ポイントは見ている人が「気分が良くなるか」どうかです。
それには、紙面の中に

が必要なのです。

そして、もう一つ忘れていけない事があります。

  • 「この車は運転しやすいのか?」
  • 「この車は駐車しやすいのか?」
  • 「この車の走りや静かさはどうなのか?」

などなど、お客様によって様々です。

お客様は、こういった不安の解消を自然に求めています。

check

「不安を安心に変える」チラシ作りをプランオンでは進めています。