集客プラン

女性が車を欲しいと思った時、1社目に訪れた自動車ディーラーで決めてしまうことが多い傾向があるそうです。
では、どのようにしてたら1社目の自動車ディーラーになることができるのでしょうか?

キーワードは「なんとなく・・・」です。
女性は、人や商品、サービスなどの変化に敏感でその都度、
いい・悪い・好き・嫌いを感じ取りますが、
細かな原因は忘れ、その時感じた感情だけが心に残ります

ということは、1社目の自動車ディーラーの選定基準は
「なんとなく欲しい車がありそうだから・・・」
「なんとなく、女性客にやさしそうだから・・・」
になるのではないでしょうか?

チラシの一部分に常に女性客を意識した内容を入れる
(単発で女性向けのチラシを折り込んでも記憶に残りずらいのでは?)

外から見える店舗内は特に好印象を与えるディスプレイをする
(ショーウィンドウから見える商談テーブルは殺風景ではありませんか?)

のぼりや横断幕は女性に向けてのメッセージの内容とする
(新車発売ののぼりでは自動車ディーラーとしての記憶に残りずらいのでは?)

女性の「なんとなく・・・」を理解し活用することで、
女性が車を欲しいと思った時、行ってみよう~と思う1社目の自動車ディーラーに選ばれるのではないでしょうか?

check

ただし女性が見るポイントを押さえていなければせっかくの活用も記憶に残らない可能性もありますのでご注意を。