商談力向上プラン

自動車購入は、高額な出費となるのでお客様は「近隣店舗」「WEB」「雑誌」など様々なツールやメディアから比較検討を行います。
その中で選ばれるためには、あたりまえですが「選ばれる理由」が必要です。
しかし、その理由が明確でない自動車ディーラーのマーケティング戦略をよく見ます。
それでは、お客様には、「製品情報」と「イベントなどお得感」以外、何も伝わりません。

そこで、マーケティングの基本の「3C分析」を活用します。
この手法は業種や規模を問わない、実践で使える手法です。

①まずはそれぞれを分析します

Customer 顧客のニーズを把握する
「自社が展開する事業において、どのような顧客が存在するのか?」そして、「その顧客はどのような必要性や欲求を持っているのか?」という観点を調査・分析

Competitor 競合の動向を分析する
競合企業がどのようなマーケティング活動を通じて顧客のニーズに応えようとしているかに関して把握・分析

Company 自社のマーケティング戦略を決定する分析
「自社は成功要因を満たすためにどのような経営資源を持っているのか?」「成功要因に繋がる強みは何か?」「逆に弱みは何か?」など理想と現実のギャップを把握

3つのCの関係性を考えます。

顧客」:顧客はどんな気分で、何を求めているか?
顧客自社」:顧客は自社に何を期待しているか?
自社顧客」:自社のどのような強みを活かして、顧客に価値を提供するか?
自社競合」:どのように競合との差別化を図るか?

③最後に仮説・方針立案します。

3つのCの関係性を整理・分析し、自社としてはどうしたら課題解決できる仮説・戦略を立てる。

自分の強みを活かしながら、競合との差別化を図り、
顧客の興味を自社へ向ける戦略を見つける分析方法なのです。

3C分析から生まれた差別化ポイントをツールにし全店展開することで、
買い回りユーザーに、自社の特徴をPRする事が可能です。

例えば、大好きなあの娘に恋していた頃を思い出してみてください。
ライバルもいましたよね。
流行のデートプランなど、研究もしたはず!?

check

「具体的商材」や「サービス」に差別化ポイントを設定すれば、店頭商談力は向上します。 「すぐに他社が真似できない!」ここは抑えておく必要があります。