商談力向上プラン

自動車ディーラーの店頭でタブレット端末を利用して、商談力を高めようと考えられ始めています。

しかし既に、店頭で誤った使い方がされているケースも出始めているように感じます。
店舗Wifi環境で、タブレット端末でWebサイトの閲覧や、動画サイトの閲覧を進めているケースがあります。
確かにボディコートなどを映像で見せる事は大変有効です。
分かりにくい自動車ディーラーのサービスは映像で見せるべきとも思います。

当社も営業活動に「iPad」を導入して活用していますので、
使用しての経験から、自動車ディーラーのタブレット端末を考えてみようと思います。

利用者にとって、まだまだ珍しいタブレット端末を触ってみたいという意向はあります。
ですが、データダウンロードの時間は大変ストレスを感じます。

自動車ディーラー側から言えば、コンテンツの2次利用したいという思いも分かります。

メーカーのコンテンツはリッチな方がいいでしょう。
スゴイ! カッコイイ!!  この要素は必須だと思います、

ですが自動車ディーラーの店頭では、紙をめくるようにドンドンコンテンツを閲覧できないといけません。
弊社のスタッフも、営業で「iPad」で資料を見せる際、「クライアントは待ってくれない。」という印象を持っています。

check

ポイントしては、「アプリ」を選択する際はタブレットに資料や動画データの全てを、ダウンロード(保存)できる「アプリ」おすすめします。

上記のポイントの次はコンテンツですね。
文字ばかりのツールは見られません。
マンガなどで、メッセージを分かり易く、お伝えする手法も同時に検討してみてください。