商談力向上プラン

自動車業界は女性の購買心理を十分理解しているでしょうか?
自動車を購入するお客様は男性ばかりではありません。
しかし、ほとんどの自動車ディーラーが気づかないうちに男性客と同じ対応を女性客にもしていないでしょうか。

女性が車を購入する気になった時は、ほしい車の「大きさ」「色」「形」などのイメージがあります。
そんな女性がとる行動は、直接自動車ディーラーに車を見に行き、営業スタッフに話を聞きに行くことが多いです。
それは車を紹介しているどの媒体を見ても、女性が満足する情報を得られることが少ないからではないでしょうか。
また、女性は複数の自動車ディーラーを訪れて、見積りを比較検討することが少ない傾向にあります。
これらのことから導き出される答えとして、女性は「自動車ディーラーで自分のイメージする車が見つかれば、その店で購入してしまう」という図式です。

女性客の車購入の仕方

そこで必要なのは女性客に対する「商談力」です。
女性は営業スタッフの話を聞き、「自分のイメージする車」と「実際の車」のすり合わせをします。

check

ここでいう「すり合わせ」とは
・自分が描いている車のイメージ
・ライフスタイルの中の車のイメージ
   とのすり合わせです。

「デザイン」「生活環境」「趣味趣向」「用途」等を聞きだし、車の「良いところ」「悪いところ」を説明した上で、商談する女性に「お似合いの車」を提案することが大切です。
女性は「今の自分に適し、且つ自分らしい車はどれ?」この答えを聞きたいのです。

女性と男性では「考え方」や「受け取り方」「話し方」等々違う部分がたくさんあります。
それらを踏まえて商談することで、女性客より「女性にも優しい自動車ディーラー」という好印象が生まれます。