リピート向上プラン

自動車ディーラーでは、広告費の削減や効果効率の高いツールの利用という事で、
下記のようにメールアドレスを収集していく動きが強化されています。
また、スマートフォン人気から消費者の関心も非常に高まっています。

消費者を取り巻く環境

自動車ディーラーのメールマーケティングを整理します。

メールマーケティングを実施する際、たくさんのお客様情報(個人情報)を取得しようと考えるケースが多いですが、
これは、販売店とユーザーの距離感をしっかり考える事で、目的を明確にしないといけません。
例えば、メール会員の幅は、「当社を知っている」というレベルから集めると母数が広がります。
興味・関心層から、検討層になって頂く目的のフェーズです。
その際、ユーザー情報は地域(郵便番号)や性別、年齢程度が適切です。

メール施策の概要

ここで注意しないといけないポイントは、自動車ディーラーのメール会員がどういった内容にしているかとういう点です。

上記の「当社をしっている層」の反応が上がるのは、当社調べでは、「イベント情報」です。
「新車が出ました! 」などのメルマガも必要ですが、
チラシ・DM・DHにのせるような販促企画をまず、立てる事を優先しないといけません。ツールありきはNGです。
そのあと、ユーザーに送る手法としてメールマーケティングがあるという事を理解する事が、大変重要なポイントです。